p { width: 200px;}

講演会・セミナー情報


2018年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会


【講演募集】  ポスターはこちら

・期 日: 平成30年10月27日(土)学術講演会、特別講演会、懇親会

・会 場: 北海道情報大学eDCタワー(〒069-0832 江別市西野幌59-2)

        会場へのアクセス: Web

・講演申込開始: 平成30年8月31日(金)

・講演申込締切:  平成30年9月14日(金)平成30年9月26日(水)(延長しました)

・講演論文原稿締切: 平成30年9月21日(金)平成30年10月3日(水)(延長しました)


・学術講演会スケジュール

こちらよりダウンロード下さい


・学術講演会プログラム

こちらよりダウンロード下さい


・会場マップ

こちらよりダウンロードください


・学術講演会

講演形式: ポスター発表(詳細は下記参照)

学生・大学院生(修士(博士前期)課程・博士(博士後期)課程)による優秀な発表には,優秀プレゼンテーション賞が贈られます. また,優秀な発表を行った学生・大学院生の中から,2019年度春季全国大会への旅費を補助します.

講演論文(原稿 2ページ)の書き方・提出方法

支部から所定原稿用紙の配布は行いません.原稿の書き方と提出方法はこちら(PDFファイル)を参照してください.なお,講演論文はアーカイブとして支部ホームページに掲載させていただいております(講演会から約半年後に公開予定).支部ホームページへの掲載を希望しない場合は申込時もしくは講演原稿提出時にその旨ご連絡下さい.

ポスター発表方法

ポスター掲示時間は9:30〜12:30を予定しています.(全講演者).発表者は,ポスター講演開始時刻の5分前(9:25)までにポスターをパネルに貼り付けて下さい. 発表のコアタイムは60分です.コアタイムはプログラムにて各自のセッションをご確認ください. 希望者には,机や電源の貸出しを行います.希望者は講演申し込み時,もしくは講演原稿提出時にその旨ご連絡ください.
その他のポスター発表・作成の詳細はガイドライン(PDF)を参照してください.


・CAD/CGモデリングコンテスト

参加資格は高専・大学に在籍する学生で会員資格は問いません.優れた作品には優秀作品賞が贈られます. 本年度より,従来のCG3部門(リアリティ,メカニカル,アニメーション)に加え,新たに3Dプリンティング部門(井上賞)を設置しました.こちらは,3Dプリンタの造形物に対して,実モデルとしての創作性及び現実性,製作努力を評価するものです.詳しくは下記の応募要領をご覧下さい.奮ってご応募ください!

■ 応募要領 こちら
■ 応募用紙 こちら

 応募締切平成30年9月18日(火) 平成30年9月28日(金) (延長しました) 
 作品提出締切:平成30年10月17日(水)


・特別講演会

日時: 平成30年10月27日(土) 14:30〜15:45
会場: 北海道情報大学 講堂
講師: 青村 茂 氏 (首都大学 名誉教授)
演題: 日中医療プロジェクトの紹介 
   ー高次脳機能障害の予測から認知障害評価・リハビリ支援システムの実用化を目指してー
講師紹介: 北海道大学工学部機械工学専攻博士課程を修了後,東洋エンジニアリングに入社.東洋エン
     ジニアリングでは,商用の3次元CADシステムの設計,開発に従事.その後,東京都立大学
     (現首都大学東京)工学部に移り,双腕ロボット,自動バイオリン(ロボット),工作機
     械の研究とともに脳障害の力学的メカニズムによる解明の研究に従事.
      今回は,これまでの研究に基づいた現在進めようとしている高次脳機能障害の予測から
     認知障害評価・リハビリ支援システムの実用化についての日中共同研究プロジェクトの内
     容について紹介されます.
参加費: 無料


・懇親会及び表彰式

日時:平成30年10月27日(土)17:30〜
会場セレモニーホールはやし 野幌店(江別市野幌町55-2)
アクセス方法:こちら.(野幌駅北口から徒歩5分,大麻にも同名のホールがありますので間違えないようにしてください.札幌方面への帰路はJR野幌駅より出発,新札幌方面にはJRバスが南口よりあります.)
参加費:一般(5,500円),学生(2,500円)


・ランチョンセミナー

今年度も,講演会全参加者を対象に,道内企業の技術開発や製品紹介を行うランチョンセミナーを開催いたします.現在登壇企業を募集中です.詳細が決まり次第お知らせいたします.

日時:平成30年10月27日(土) 12:45〜14:00
会場:北海道情報大学 校舎棟1号館202教室
参加企業:募集中


・企業見学会

日時:平成30年10月26日(金) 野幌駅南口を13:00に出発予定
見学先:(1)丸二北海煉瓦株式会社工場 ( 〒069-0822 北海道江別市東野幌213)
     (2)SOCブルーイング株式会社(ノースアイランドビアー)(〒067-0031北海道江別市元町11-5)
参加費:未定
定員:10名
概要:(1)北海道は道庁の赤レンガ庁舎や札幌ビール工場に見るように開拓時代から煉瓦の生産を行ってきました.北海煉瓦株式会社は大正10年の創業以来、約1世紀の長きにわたり、れんが、農業用土管の製造に伝統ある煉瓦工場を持っています.今回は,煉瓦の製造過程などを見学いたします.運が良ければ火入れを行なっている場面に遭遇できるかもしれません.
   (2)SOCブルーイング株式会社は,ホームページに会社の方針を以下のように載せているジビールです.「カナダでの修業を基に、ブルーマスターによって『NORTH ISLAND BEER』は造られています。修業中に恩師が私達に伝えた言葉「Beer is Art」。そう、ビールは実はとても奥の深いお酒なのです。多種多様のビールを楽しんでもらいたい想いから、ノースアイランドビールでは6種類のレギュラービールに加え、 限定ビールやシーズナルビールの醸造も行っております。 北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。今日まで築きあげた伝統や歴史を大切に守っていくと共に、変革を恐れず常に前進する企業でありたいと思っています」.出来立てのビールを飲める機会があるかもしれません.

申込方法:メールにて申し込みください. こちら
  担当者 北海道情報大学 情報メディア学部 藤原 孝幸
申込締切:平成30年10月12日(金)


・講演会実行委員会

委員長 古川正志(北海道情報大)
澤井 秀(北海道情報大) 吉村 斎(苫小牧工業高等専門学校)
藤原孝幸(北海道情報大) 若松義男(北海道情報大)
内山俊郎(北海道情報大) 中島潤(北海道情報大)
斎藤一(北海道情報大) 長尾光悦(北海道情報大)
渡辺美知子(北見工業大学) 山本雅人(北海道大学)
西川孝二(北海道科学大学) 鈴木育男(北見工大)



・講演申し込み方法について

講演ごとに以下の項目を記載の上,件名を『2018精密工学会北海道支部講演申込み』として電子メールでお申し込み下さい.

(1)講演題目

(2)著者名(発表者名の前に○を記入)

(3)会員資格(著者ごとに記入)

(4)所属(著者ごとに記入し,学生は,学部・修士課程・博士課程の別を明記)

(5)講演要旨(200字程度)

(6)各種イベント参加希望の有無(共著者全員分)

     @ 工場見学

     A ランチョンセミナ―

     B 懇親会

(7)連絡者氏名,住所,電話,FAX,および電子メールアドレス

(8)その他連絡事項(発表時の机・電源の使用希望,講演論文のHP非公開希望等)


申し込みメールの受信後,折返し返信を差し上げますので,届かない場合にはご一報下さい. 電子メールでの申込みが困難な場合には,郵送でお申し込み下さい.その場合,封筒の表に『2018精密工学会北海道支部講演申込み』と朱書きしてください.




・電子メールによる講演等申込先・問い合わせ先

2018年度 精密工学会北海道支部学術講演会 実行委員会

jspe-h-koen2018@hokkaido.jspe.or.jp


・郵送による講演申込先

〒069-0832 北海道江別市西野幌59−2
北海道情報大学 経営情報学部 システム情報学科
教授  内山 俊郎


・参加申し込みについて

参加申込用紙(wordpdf)をダウンロードし,必要事項をご記入の上,支払金額を添えて当日受付にご持参下さい.


講演者参加費正会員/非会員4,500円(講演論文集付)
学生会員 2,500円(講演論文集付)
学生非会員 3,500円(講演論文集付)
非講演者参加費 正会員/非会員 4,500円(講演論文集付)
学生 1,500円(講演論文集付)
懇親会費 正会員/非会員 5,500円
学生 2,500円
CAD/CGコンテスト参加費 無料
講演論文集(別売り) 1,500円

バックナンバーはこちら


Menu

セミナー情報
Lecture meeting and seminar information
seminar.html
学生向け情報
Information for student
student.html
精密工学会本部HP
The Japan Society for Precision Engineering Homepage
http://www.jspe.or.jp/

事務局 連絡先

■北海道支部事務局
〒006-8590
札幌市手稲区前田
7条15丁目4-1
北海道科学大学
未来デザイン学部
庶務幹事 西川 孝二